更年期障害に良いプラセンタ

更年期障害に良いプラセンタ

 

美容面でプラセンタの威力が大きな人気を得ていますが、プラセンタはもともと医療でも用いられてきたほどの有効性が確認されています。その効果は幅広い範囲に渡っていますが、近年では更年期障害の改善にもプラセンタが用いられるようになっています。

 

医療シーンでも用いられることがあるほどですから、プラセンタサプリにも大いに期待が持てそうですね。ここでは、プラセンタが更年期障害を改善するといわれる理由についてお話しましょう。

 

ホルモンバランスの調整

 

プラセンタには、ホルモンの分泌率を調整する働きがあるといわれます。そのため、女性ホルモンの一種エストロゲンのみが急激に減少してしまうことを緩和させる期待があります。もう一種類の女性ホルモンであるプロゲステロンのみが分泌されて、ホルモンバランスが乱れる度合いが低くなるわけです。

 

これだけでも更年期障害を和らげてくれる作用に納得がいきますが、さらにはホルモンバランスが整うことから自律神経が調整されるという作用もあります。更年期障害が苦痛になるか否かは、精神的負担がどのくらい重くなるかにもかかっています。

 

障害が生じても、あまり苦にならない人は、更年期で落ち込んでしまうようなこともありません。そんな精神状態をもたらしてくれるのが、プラセンタの力ともいえるのです。

 

造血や代謝の改善

 

プラセンタがもたらす作用は幅広く、造血や代謝の改善、免疫の活性化、疲労回復などにも役立つといわれています。

 

不足していた血液が十分になってくれれば、貧血や立ちくらみを起こすことも少なくなるでしょう。血液が十分に備われば、血流がよくなって冷えや疲労が回復したり、栄養が全身に行き渡ってホルモンを生成する力が出てきます。このような働きも、プラセンタが更年期障害を緩和させるとされる理由の一つです。