更年期障害に良い大豆イソフラボン

更年期障害に良い大豆イソフラボン

 

更年期や月経不順の対策に、植物性エストロゲンが役立つと広く知られるようになりました。植物性エストロゲンとして代表的な食品が大豆に含まれるイソフラボンです。なぜ大豆イソフラボンがエストロゲンの代わりになってくれるかといえば、分子構造が非常によく似ているため。

 

特に更年期のエストロゲンが激減する時期には、大豆イソフラボンが大きく役立ってくれます。ここでは、更年期における大豆イソフラボンの働きについて見ていきましょう。

 

大豆イソフラボンとは

 

大豆イソフラボンは大豆の胚芽部分に多いフラボノイドで、大豆加工食品にも多く含まれています。ただ、味噌や納豆などの大豆を発酵させた食品では、大豆イソフラボンの糖が分解されて大豆イソフラボンアグリコンと呼ばれます。

 

実は、大豆イソフラボンの有効性については、未だ研究の段階にあります。更年期や骨粗しょう症の改善にも期待されていますが、効果については人によっても差があるでしょう。

 

摂取量の目安

 

大豆イソフラボンには更年期障害の軽減に期待が持たれていますが、その反面濃縮した成分を過剰摂取すると乳がんの発症リスクが高まるともいわれています。そのため、日本でも食品安全委員会が一日の大豆イソフラボンの摂取目安量を設定しています。

 

これは特定保健用食品としての大豆イソフラボンで一日70mgから75mg、アグリコン換算では一日30mgを上限とするというもの。食事で大豆食品を食べるぶんには心配ないものの、健康食品で摂取する場合には商品ごとの摂取目安量を超えないように注意しましょう。