更年期障害に良い高麗人参

更年期障害に良い高麗人参

 

高麗人参といえばかつては滋養強壮にいい食品として人気がありました。しかし最近では、更年期障害の改善にいいとして注目度を高めています。そのため、高麗人参のサプリメントも増えてきています。気になるのは、高麗人参がなぜ更年期障害の改善に役立つのかではないでしょうか。ここでは、高麗人参が更年期障害に役立つ理由についてお話しましょう。

 

高麗人参に含まれる成分とは

 

高麗人参を使った料理でよく知られているのがサムゲタンです。鶏肉に詰め物をして煮込んだ料理ですが、高麗人参はスープに入れて一緒に煮込まれるのです。サムゲタンは数口スープを飲んだだけでも、体がポカポカしてきます。

 

この作用は、高麗人参によるところが大きいのです。なぜ高麗人参を食べると体が温まるのかといえば、特有成分のサポニンに秘密があります。高麗人参には非常に多くの栄養成分が含まれているのですが、中でもそのサポニンはジンセノサイドと呼ばれて作用に期待が寄せられています。

 

例えば、血球細胞の生成を促したり、血流をよくするのも一つの作用です。副腎皮質ホルモンに働きかけることから、ストレスの緩和にも役立ちます。

 

更年期障害に用いる高麗人参

 

高麗人参が更年期障害に役立つのは、肩こりや冷え、ホットフラッシュなどを和らげる作用があるからです。
血流がよくなるため、他の様々な症状を軽減させる期待もあります。更年期障害の一つには精神的なトラブルもありますが、高麗人参は自律神経を整えることもできるため、気持ちの落ち込みやイライラを抑えることもできるでしょう。