更年期と冷え、悪寒の関係

更年期と冷え、悪寒の関係

 

更年期障害の一つとして体の冷えがあります。体が冷えてくると、寒い、末端が冷たい、しびれるなどの他に、冷えから生じる様々な症状が出ることもあります。代謝が衰えてきて、さらに老廃物が排出されにくくなり、更年期障害が悪化することもあるでしょう。ここでは、更年期と冷えの関係についてお話します。

 

血流の低下

 

更年期障害の症状として冷えが現れやすいのは、血流が悪くなることに関係しています。もちろん誰もが冷えを感じるとは限らず、人によっても程度に差があります。

 

しかし更年期の頃には代謝も低下し始めている人が多いことから、更年期障害として冷えを感じる人も多いのです。人は血液を全身に循環させることによって体温を維持しています。

 

従って、血液がスムーズに流れなくなると、体が冷えやすくなります。体が冷えることにより、さらに代謝が低下して体調が悪くなることもあるため、体を温める努力が必要です。

 

冷えの対策

 

更年期障害で起こる冷えを改善しようと、運動や入浴で代謝を高める努力をする人もいるでしょう。運動や入浴をするのは健康のためにもいいことなのですが、更年期にはやる気が出なくなることもあるため、もっと手軽に対策できることのほうがいいかもしれません。

 

例えば、血流改善にいい成分を配合したサプリメントや医薬品などを試してみるのもおすすめできます。血流がよくなることによって、栄養が全身に行き渡りやすくなり、それがホルモンの生成につながる可能性もあります。あきらめずに、更年期障害の改善に努めてみてください。